1. HOME
  2. 事業案内
  3. さまざまな現場での使用例
  4. 食品製造現場
  5. 2021年 HACCP義務化

さまざまな現場での使用例

example of use

食品製造現場

2021年 HACCP義務化

HACCPとは国際的な衛生管理方法です。Hazard(危機)・Analysis(分析)・Critical(重要)・Control(管理)・Point(点)の頭文字を組み合わせてHACCPと呼びます。 食品衛生管理手法の国際的な基準となっており、世界各国でHACCPの導入義務化が進んでいます。

2018年6月「食品衛生法」の改正法案が可決されました。2020年の6月から食品を扱う全事業者に対してHACCPによる衛生管理の義務化が開始。2020年の法律施行から1年間を猶予期間とされましたが、2021年6月からは、HACCP導入・運用が完全義務化となりました。

私たちサムテック・イノベーションズのフルカラーLEDつきコンベヤ「SUMCON-MJ」がより確実な異物検知に威力を発揮します。

HACCP方式異物検知のながれ

EN JA